儀について

ご遺族様の「感謝の想い」が伝わるご葬儀を、まごころ込めてお手伝いします。

ご葬儀は、お亡くなりになられた方に最後の感謝の想いを伝える場所です。
ご家族様のご意向を踏まえてご葬儀を執り行わなければなりません。
第一葬祭は「想い」が伝わるよう、まごころ込めてお手伝いいたします。宗旨宗派を問わず、各種ご葬儀に対応しております。

宗旨宗派

ご葬儀の形式は、宗教によってさまざまです。安らかなお別れのときを過ごすためにも、ご自分の宗旨宗派の確認と、ご葬儀における特徴などを簡単に知っておくと良いでしょう。
なお、詳細な内容は宗教や地域によって異なる場合があります。


  • 葬儀となると仏式として行う形式が多いと思います。地域によって使うお道具や式進行などが違う場合がありますので、確認が必要となります。第一葬祭ではどの宗派にも対応しておりますので、ご安心ください。
    また、菩提寺がない方にはお寺様のご紹介をしております。


  • 神式では仏式と違いお作法と道具が異なります。専門的な知識や経験が必要です。神式では撰物といわれる神様へのお供え物、お焼香ではなく玉串を奉げます。そのため式の準備も余裕をもって進める事をお勧めします。





  • キリスト教はカトリック系やプロテスタント系など、それぞれの教によって、儀式が異なります。葬儀は教会で行うことが多いですが最近では式場で行う場合もあります。



  • 友人葬はご家族様やご親族様、同志の方々によるご葬儀です。祭壇には生花のほか、お樒をご供養としてお飾りします。皆様でご本尊様にお題目を読経唱題し、故人様の即身成仏と、ご冥福をお祈りします。

各種のご葬儀

々な故人様のお見送り方があり、どのような形でご葬儀を行いたいのかを明確にしていただくと、お打ち合わせをスムーズに進めることができます。
下記を参考に、ご葬儀の規模や形式をご検討ください。

火葬式

お通夜やご葬儀などを一切行わず、火葬を目的にした式です。ごく限られた親しい方のみで最後のお別れの火葬を行う、ご負担の少ないお見送り方法です。

一日葬

お通夜を行わず、ご葬儀だけで故人様を送る形です。お通夜の費用を省いて、ご負担も少なくすることが出来ます。

家族葬

ご家族様中心に少人数で行うご葬儀が、家族葬です。故人様の好きだったお花を飾ったり音楽を流したりするなど、比較的自由な形で故人様との時間をお過ごしいただけます。

一般葬

ご遺族様やご親戚の方をはじめ、ご友人や会社関係者、ご近所の方など、故人様と縁りがあった方々が参列されます。一般的なご葬儀の形式です。

社葬・団体葬

会社経営者や諸団体の長をされた方など社会的なお付き合いの多い方がされるご葬儀です。そのため会葬者数や会場規模も大きいご葬儀です。会場のお手配や人員の手配など第一葬祭にお任せ下さい。

その他「お別れ会」や「偲ぶ会」といったオリジナル葬にも柔軟に対応できます。
ご希望のご葬儀の形式があれば、お気軽にご相談ください。

葬儀費用の分類

  • 1. 葬儀費用

    祭壇・受付・案内看板・会場費など、ご葬儀を式として行うのに必要な基本費用です。
    場合により、テントや照明といった外装費用も必要になる場合があります。

  • 2. 返礼品

    故人のご冥福を祈って会葬頂いた方々に、お礼の気持ちをお渡しするのが返礼品です。
    ご予算に合わせ、各種ご用意しております。

  • 3. 飲食費

    通夜料理や精進落とし、火葬場での待ち時間などで飲食費用が生じます。
    弊社では厳選したお届け料理をご用意しております。

  • 4. 車両費

    故人様を移動させる際に利用される搬送車や、火葬場へ向かわれる時の霊柩車、ご遺族・御親族の方々が利用されるマイクロバスなどの費用。

  • 5. 火葬当日まで御遺体を保存するために掛かる費用

    故人様の状態により使用される量が変わる場合があります。

葬儀費用の判断項目

  • 人数

    人数

    参列者の人数がどれくらいなのかを把握するのは、決して簡単ではありません。ただ、ご葬儀には、会葬者の人数に合わせた準備が必要です。

  • 場所

    場所

    会葬される方の人数を考慮した式場を決定します。適切な規模のご葬儀を執り行うために、とても大切な要素です。

  • 予算

    予算

    ご希望をお聞きしてお見積もりを算出いたします。ご希望に添わない場合には内容を見直して、新たなご提案をさせていただきます。

費用の不安を払拭できるように、ご予算に合わせてお見積もりいたします。

「全部でいくらかかるの?」
「本当に故人にのための葬儀にしてくれるの?」
ご依頼される時に不安を抱えている方は少なくありません。
そこで第一葬祭では、初めにご家族のお話をお聞きした上で、ご希望をお聞きして、御見積をしております。
また、すぐに御打ち合わせをさせていただくのではなく、時間をかけて御打ち合わせをさせていただくので、丁寧にゆとりを持って進めさせていただくのでご安心頂けると思います。
ご不安な方も多いかと思いますので、もしもの時に備えて事前のご相談も無料にてしております。

ご葬儀の流れ

ご逝去から精進落としまでの、流れをご紹介いたします。
いざというときも落ち着いて行動ができるよう、事前に知っておくと良いでしょう。
もちろん、万が一のときは第一葬祭がサポートいたしますので、第一葬祭までご連絡ください。

葬儀社へのご連絡からご遺体の安置まで

  1. ご逝去
    ご逝去されたら、第一葬祭までご連絡ください。ご連絡は、24時間年中無休で受け付けております。

  2. 搬送
    ご逝去が病院の場合、どちらの病院でも寝台車でお迎えにまいります。
    ご安置される場所がご自宅か、ご自宅以外の場所なのかをご指示ください。
    故人様をご自宅などで安置するのが困難な場合は、第一葬祭でお預かりすることも可能です。

  3. 安置
    安置後に、枕飾りを整えて、お線香をあげるお支度をさせていただきます。

ご遺体を安置してから精進落としまで

  1. お打ち合わせ
    故人様を安置した後に、ご葬儀の内容についてお打ち合わせをいたします。
    詳しくご希望をお聞かせください。

    【お打ち合わせで確認する項目】
    ご葬儀の日程/葬儀会場/会葬者の人数(予測)/会葬礼状/返礼品/遺影用写真/納棺の日程/死亡診断書の死亡届記載事項など

  2. お通夜・ご葬儀の準備
    お打ち合わせからお通夜前日まで、お通夜とご葬儀の準備に入ります。
    関係各所へのご連絡のほか、生花のご注文やお料理の手配などを行います。

  3. お通夜
    お通夜の進行中は、第一葬祭のスタッフがサポートいたします。
    最近では、読経から供養のための通夜ぶるまい(飲食)までを行い、3時間ほどで終了する、
    「半通夜」が主流です。

  4. ご葬儀
    葬儀中は、第一葬祭のスタッフがサポートいたします。
    火葬料・控室使用料などは事前にお預かりいたします。
    位牌や遺影写真、花束などを持たれる方を、出棺までに決めておく必要があります。

  5. 火葬
    火葬からお骨上げまで第一葬祭がご案内いたします。
    火葬終了までの間は控室にてお待ちいただきます。

  6. 精進落とし(ご飲食)
    ご親戚やお手伝い頂いた方々などへ飲食を振る舞い、葬儀にご協力いただいた労をねぎらいます。
    喪主の方は始める際にご挨拶をされると良いでしょう。